ジャパニーズスタイル カウントダウンへさまよう、終わらせたいふたり

2022年末公開予定

イントロダクション

吉村界人×武田梨奈 企画&W主演

本作は、『関ヶ原』(17)や『ダイナー』(19)、『ミッドナイトスワン』(20)などで様々な役を演じ、「樹木希林の最後の愛弟子」とも呼ばれている吉村界人と、2012年に映画『デッド寿司』(13)でアメリカの映画祭「Fantastic Fest」にて最優秀主演女優賞を受賞、『進撃の巨人』(15)や、日米印合作映画『Shambhala-シャンバラ-』(19)など国内外の映画やドラマに多数出演し、今年Season6が放送されたドラマ「ワカコ酒」で主演を務めている武田梨奈による企画・W主演で、2019年の大晦日から2020年1月4日までの5日間で撮影を敢行した、横浜の街をさすらうロードムービーです。共演には、『進撃の巨人』(15)、『シン・ゴジラ』(16)、連続テレビ小説『エール』(21)などの三浦貴大、『いぬやしき』(18)、『幕が下りたら会いましょう』(21)の日高七海、『泣くな赤鬼』(19)、『劇場版 架空OL日記』(20)の佐藤玲に加え、『ヤクザと家族 The Family』(21)のフェルナンデス直行、『東京の日』(15)の田中佐季、『仮面ライダーアギト』(01)の山崎潤が集結。

シカゴ日本映画コレクティブにて
オープニング作品に決定!

このたび、2022年末に公開予定のアベラヒデノブ監督作品『ジャパニーズ スタイル/Japanese Style』が5月21日から開催される第二回シカゴ日本映画コレクティブのオープニング作品として上映されることが決定いたしました。

本作がオープニング作品として選ばれたシカゴ日本映画コレクティブ(Chicago Japan Film Collective)とは、コロナ禍である2021年にシカゴで発足された米国中西部初の日本映画祭で、今年で2回目を迎えます。米国での上映機会が乏しい日本インディペンデント映画の紹介、及び日本映画の米国マーケット拡大を目的としています。昨年はオンラインのみでの開催で、観客からの投票により決定する「観客賞」は、坂本欣弘監督の『もみの家』が受賞しました。第2回の今回は、会場とオンラインのハイブリッド開催を予定しています。

ストーリー

2019年の大みそか。「巨大な絵を完成させようとする男」と、「袋とじを綺麗に開ける特技を持つ女」が空港で偶然の出会いを果たした。二人の男女は、とある事情により、トゥクトゥクに乗って横浜の街をさすらうことに。彼らはその道中で惹かれあっていくが、それと同時に互いの秘められた過去が徐々に明らかになっていく。2020年まであと数時間・・・。互いにやり残したことを抱える二人は、果たしてどんな新年を迎えるのだろうか?

コメント

アベラヒデノブ監督

大晦日から正月の撮影の日々が再始動したかのような興奮を覚えています。
オープニングとして、観客を喜怒哀楽のドライブへと誘うことができるだろうか?
一言芳恩。

吉村界人

昨今、素晴らしい作品はメジャーにもアンダーグラウンドにもありながらシカゴ日本映画コレクティブの様にその垣根を越えていこうとしている映画祭に大変感謝致します。
また今回選定された映画はコンテンツではなくてあくまでも芸術作品だと再認識できたことも嬉しく思いました。

武田梨奈

「終わらせられない二人」を描いたこの作品を、映画祭のオープニング作品として選んでいただけたことに意味と運命を感じます。
観終わった後、観客の皆さんが本作のタイトルをどのように解釈していただけるのか楽しみです!